0774-73-6767 診療時間9:00~13:00 15:00~19:00
メールでお問合わせ
24時間WEB予約
電話でご予約お問合わせ

矯正歯科
Orthodontics

矯正歯科治療のご案内

矯正歯科担当歯科医師 西 貴宏
 
北海道のイメージ

【 略 歴 】
大阪府守口市出身

1982年
清風高校卒業
1988年
北海道医療大学歯学部卒業
1988年
北海道医療大学 小児歯科学講座
1993年
矯正歯科・小児歯科専門 かむかむクリニック開設
現在に至る

矯正歯科・小児歯科専門の歯科医院を運営しながら、フリーランスの矯正歯科医としても複数の歯科医院にて矯正診療をされておられます。
スタンダードなマルチブラケットテクニック(針金を使った矯正)による矯正治療から、マウスピース(クリアアライナーやMFT装置)を使った矯正治療まで、矯正歯科・小児歯科の豊富な経験に基づく矯正歯科診療をされています。
(院長と名字が同じですが、縁戚関係はありません)

矯正歯科は常時開設しておりません。また、完全予約制となっております。

提供できる矯正治療法

下記のような矯正診療を行っております。
(他にもありますが、大きなものとして)

・マルチブラケットテクニック

針金(ワイヤー)とブラケット(歯とワイヤーを連結する装置)を使った、一般的な歯科矯正法です。

【メリット】
幅広い症例に対応できます。
矯正歯科の方法として、もっとも基本的なものです。
  歯を傾けて動かしたり(傾斜移動)、歯の傾きはそのまま移動(歯体移動)したりすることができます。

【デメリット】
透明なブラケットなど昔と比べだいぶ目立ちにくくはなりましたが、どうしてもワイヤーとブラケットが目立ちます。 取り外しはできず、装着時の違和感があります(慣れてはきます) 装置を取付けた時やワイヤーを交換した時など痛みがあります。 口腔清掃はしずらくなります。

・舌側矯正装置

専用に作成されたブラケットとワイヤーを歯の裏側に付けて矯正を行います。

【メリット】
歯の裏側に装着するため、目立ちません。

【デメリット】
通常のマルチブラケットテクニックより期間と費用がかかります。
対応できる症例が限定され、不向きな症例もあります。
違和感は通常のマルチブラケット法よりも非常に強いと言われています。

・マウスピース矯正(透明なマウスピースを使用した矯正)/アライナー矯正

アライナーと呼ばれる、透明なマウスピースを使用した矯正です。近年のトレンドでもあります。

【メリット】
・透明で取り外しができるマウスピースを使用するため、目立ちにくい
・異物感がマルチブラケットより少ない
・取り外して洗浄できるため、より衛生的
・ワイヤーを使用するものより、痛みが少ない
・金属アレルギーの心配がない

【デメリット】
・装着時間が少ないとなかなか動かない(1日20時間以上の装着が必要)
・対応できる症例が限定的で不向きな症例も多い。
 (歯のねじれの改善や、深いかみ合わせの症例、抜歯を伴う症例など)
・その仕組み上、奥歯を覆ってしまうため、かみ合わせがずれたり、奥歯が沈み込んでしまったりしてしまい、「見た目はキレイになったが、奥歯のかみ合わせが悪くなった」というトラブルが少なくない。
・マルチブラケット法より時間がかかることも多く、また不向きな症例に使用した場合、並びきらずにマルチブラケットを併用したり、補綴的(被せ物)治療を併用する場合も少なくない。
・アライナーは日本の薬機法未承認のものも多く、未承認のものは歯科医師の裁量の元使用することは可能であるが、医療機器や医薬品としての扱いはされず医薬品副作用被害者救済制度の対象外である(インビザラインなどが該当します)。 

☆当院で使用するものは、現在国内で作成されるアライナーです。  今後海外製を使用することがある場合は、薬機法未承認であることを説明し同意の上使用いたします。

マウスピース(アライナー)矯正はこれからの進歩には大いに期待できるものの、現時点ではデメリットも多く、その使用に関しては、

●アライナーの使用の適否をしっかり診断できる歯科医師であること。
●トラブルが発生した場合や発生しそうな時に対処できる知識と技術を持つこと。
●対処には一般的な歯科矯正の技術や経験が求められること。

という従来の歯科矯正の診断や治療に精通した矯正歯科医が行うべきと、日本矯正歯科学会などの学術機関からも 警鐘されています。

特にアライナー矯正は、頭蓋骨などの骨格的な診断を重視せず、口腔内の情報だけからコンピューターでシミュレーション を行いマウスピースを作成するため、施術する歯科医師にそれほど矯正歯科の知識や経験がなくともできるため、 安易な診断での施術からトラブルに繋がり易いと言われています。(矯正歯科専門医の3人に1人はアライナー矯正についてトラブル相談を受けた経験があるとのことです)

 矯正歯科の目的は、「歯列不正を正すことにより、安定した咬合関係を獲得し、清掃性も良くなることにより歯周病やむし歯のリスクを減らす」ことであり、その結果、歯並びがキレイになるという考え方です。
ですので、永久歯への矯正はセファログラムと言われる頭蓋骨と歯の分析と診断が不可欠であり、 これをしない矯正診断はあり得ません。
対して、マウスピース(アライナー)矯正は、「見た目」の改善が主な目的のため、通常「歯だけ」しか見ず診断を行うため、 見た目は良くなっても噛めなくなったというようなデメリットを生じることが少なくありません。

当院では、幅広い症例に対応し、マウスピース(アライナー)矯正で発生しやすいトラブルへの対処としても、 従来のマルチブラケット法を施術できる経験豊富な矯正歯科医に担当していただいております。

セファログラム診断(頭蓋骨のX-Pによる分析)を行っていない矯正歯科医は、正式な矯正のトレーニングを 受けていないので、ご注意下さい。

日本矯正歯科学会によるマウスピース型矯正装置による治療への見解
アライナー型矯正装置による治療指針
http://www.jos.gr.jp/news/2019/0605_13.html

日本臨床矯正歯科医会
アライナーを使った不適切な矯正治療について
https://www.jpao.jp/15news/1525trendwatch/vol23/vol23_1.html

院長より

開業当初より、「成人の矯正歯科は単なる知識や技術だけでなく、経験が非常に重要なファクターであるため、100人矯正の先生が いたら100通りの治療法がある。 だから、当院で矯正診療を始める時は、専門医(専門医に準じる)の技術と経験をもった先生に 来て頂きます。」 と矯正歯科の相談をされた患者さんにはお話しておりました。

貴宏先生(名字が同じのため、下のお名前で及びさせていただいております)は、院長の出身大学の先輩で、院長が学生時代から 医院の見学や矯正歯科の学会に連れて行っていただいたり、プライベートなことなどもいろいろお世話になっておりました。
また、院長が大学の口腔外科医局に勤務していた頃、アルバイトに行っていた歯科医院で一緒に仕事をさせていただいたこともあり、その仕事の丁寧さはよく知っております。
 「目先の利益だけを追わず、例え自らの利益とならなくとも長い目でみた提案をする」という院長の考え方と近いこともあり、 その長い小児歯科と矯正歯科の臨床経験から成人だけでなく子供も含めた矯正法に詳しく、当院の矯正歯科を担当していただきました。

ですので、矯正歯科については、貴宏先生にお任せしており、外科的な治療が必要な場合などに院長もサポート致します。
 また、矮小歯や欠損歯などで、どうしても補綴的な治療法も併用しなければいけない場合、院長のもつBTAテクニックや BOPTテクニックを用いた歯肉との調和を主題とした審美補綴治療はこれらの症例にも非常に相性が良いものです。

contact ご予約・お問い合わせ
 
医院外観
診療時間
  • 24時間WEB予約
  • TEL 0994-73-6767
  • メールでお問い合わせ
Copyright © Nishi Dental Clinic All Rights Reserved.