NHK「ガッテン!」 痛みについての回

 10月2日(水)NHKで放送された「ガッテン!」(旧番組名:ためしてガッテン) は痛みについて、痛みのメカニズムや慢性疼痛についての回でした。

 当院で、院長が常々お話ししていることを、わかりやすく説明してくれておりました。痛みのメカニズムは非常に複雑で、またわかってないことも多くありますが、脳科学の進歩により近年急速に研究が進んでいる分野でもあります。

 痛みは「脳」で認知します。 末梢からの「痛み」などの感覚の刺激が脳の感覚を司る領域へ到達する間、感情を司る前頭前野を通過するルートがあります。

 ですので、痛みはその時の感情に大きく左右されます。 番組でもあったように、「痛い映像」を見てから見る前と同じ刺激をしても、見た後の方が痛みを強く感じるのです。 ストレスは大きな増悪要因となります。 感情の状態によっては、逆に痛みを低く感じることも起こります。

 また、痛みをずっと感じている、気にかけていると、痛みの記憶が残り慢性疼痛の原因になったりもします。 痛みを気にするあまり、ますます痛みが引かない、強くなるという悪循環に入ることもあります。

 脳というのは、凄い機能を持っていますが、やっかいな面もあります。

 当院では、このような痛みの可能性がある場合、はっきりと侵襲を伴う治療が必要であると診断できるまでは、原則として侵襲的な治療(歯を削る、抜歯をするなど)は行いません。 痛みをすぐ改善して欲しいというお気持ちはわかりますが、侵襲的治療は元に戻すことができません。 神経を取ったり歯を抜けば痛みが治るかもしれませんが、それをしなくても寛解(低下させる、症状を抑える)させることができるかもしれません。 それがはっきりするまでは、確かめながら様子をみて診断を絞り込むという行程が必要です。 削ったり必要のない元に戻せない治療はしたくないという思いからのことですので、ご理解いただけますと幸いです。