院内感染対策マニュアルを新規改訂しました

木津川市城山台 西歯科クリニックの院長 西です。
新型コロナウイルスや自動洗浄消毒機「ミーレ」の導入など、院内の感染対策に大幅なアップデートがあったため、感染対策事業を専門とする院外の機関にご協力いただき、当院の感染対策マニュアルを新たに作成しました。 同時にスタッフに対する当マニュアルについてのレクチャーも行いました。
 
 
器具の消毒滅菌作業や診察室内の消毒作業など、本マニュアルに従い実施しております。

自動洗浄機の導入や診察チェアの追加導入など、院内感染対策事業進め、プチリニューアルを行いました

木津川市城山台 西歯科クリニック 院長の西です。

新型コロナウィルスだけでない、感染対策事業を更に強化しました。

 

1.自動高温洗浄消毒機の導入

ドイツ・ミーレ社製の医療用自動高温洗浄消毒機(ウォッシャーディスインフェクター)を導入しました。

当院の規模程度で導入している医院は少ないのですが、開業当初より高度な感染対策を行っている当院としましては、いつかは導入せざるを得ないものと考えておりました。コロナ禍の現在、今導入しなくていつするのとの思いから導入いたしました。

自動食器洗い機の親玉のような機器ですが、単に汚れを落とすだけでなく90度以上の高温処理過程を行い高水準消毒も同時になされるため、これだけでも血液に触れたり組織内に入るような器具でなければ、診療に使用できるレベルまで洗浄・消毒してくれる装置です。 スタッフによる手洗いなどの工程も必要なくなるため、患者さんへの感染対策だけでなく、スタッフの感染予防対策にも大いに貢献してくれます。

2.診察用チェアを増設しました。

診察に使用した診療室は、換気や消毒などから、どうしてもインターバルを開けて使用するため、一日で診られる患者さんの数に制限が出ておりました。

1台増設したことにより少しですが制限が緩和され、ほんの少しですが一日で診られる患者さんの数が増えました。

3.院内への抗菌光触媒コーティングの塗布

院内の床、壁、天井などに、光により抗菌・抗ウイルス効果を発揮する特殊なコーティング剤を塗布しております。

4.カウンセリングルームの移設(と使用休止)

カウンセリングルームを窓の有る少し広い部屋に移設しました。

個室診療室なこともあり、もともと使用頻度は低かったのですが、少しでも密を回避できればと窓のある少し広い部屋に移設しました。

しかしあまり広くないことは変わらず、密集の回避が少々難しいため、原則カウンセリング目的での使用を休止しております。

5.業務用空気清浄機と業務用ジアイーノの設置

待合室の空気清浄機を、通販番組でも紹介されている家庭用よりやや大型な業務用空気清浄機(AirdogX5s)と交換いたしました。

また、業務用のパナソニック・ジアイーノを設置しました。効果については「?」ですが、感染対策事業はかなり手を尽くしたこともあり、さらにできることをと思い導入しました。加湿器にもなりますので、ウイルスの感染予防には乾燥を避けることも重要です。

院内感染対策を強化しました。(受付へのアクリル板設置、自動水栓化など)

木津川市城山台 西歯科クリニック院長 西です。

 

1ヶ月ほど前ですが、新型コロナウイルス関連感染対策の強化を行いました。

 

1.受付のガードがビニールからアクリルのしっかりした物になりました。

ビニールより透明感が増し、お顔がクリアに見えるようになりました。

2.院内の手動式水栓を全てタッチレス水栓に交換しました。 水栓の開閉時の接触を回避でき、感染の確率を下げることができます。

   ・待合室パウダールームの洗面台の水栓をセンサー式に交換

    (トイレの手洗い場は開業時よりセンサー式となっております)

   ・消毒室、印象コーナーのスタッフが使用する箇所の手動式水栓を全てフットスイッチ式に交換

    (各診療室の水栓は開業時よりフットスイッチ式です)

印象コーナーのフットスイッチ式水栓です。扉の下のバーがスイッチです。

3.診療室と消毒室、受付、廊下のエアコンを空気清浄機機能付のものに交換しました。

  窓を開け換気扇を回し換気を行っておりますが、治療時に発生するエアゾルは換気と口腔外バキュームを使用していてすぐさま排出されるわけではなく、いくらかは室内を漂います。エアコンを使用していると、そのエアゾルをエアコンが吸込み部屋に拡散させている可能性があり、少しでも拡散を軽減させるため、日本電気工業会規格の空気清浄機の規格「JEM1467」に適合しウイルスよりも小さな微粒子を電気集塵装置で吸着する空気清浄機機能を持ったエアコンに交換しました。 以前のエアコンは4年強しか使用しておらず、まだまだ使用には問題のないものですが、少しでも安全をと考え交換を行いました。

JEM1467という空気清浄機の規格に適合したエアコンです。

4.タッチレス決済 PayPay の導入しました。

 

 

「アピールのための感染対策」では意味は無いとは言いませんが、本来の意味が抜け落ち、「よく見えるところだけ」の対策になりがちです。  マスクや受付の仕切りなど見えるところだけでなく、水栓のようなあまり見えない所にも感染対策上ウイークポイントになっているところは多く、改善できるものは改善を進めています。

 

 今後も、第3、第4~の次なる感染対策事業の計画を進行中です。 治療の質の向上だけでなく、少しでも安全な環境作りも医療機関の務めと考えています。

歯科では新型コロナウイルスに対するPCR検査はしておりません!

 木津川市城山台 西歯科クリニック 院長の西です。

 

 「歯科医師にも新型コロナウイルスに対するPCR検査をできるようにする方針」であるとの報道がなされました。

 !! 歯科医院での新型コロナウィルスに対するPCR検査は日本全国どこの歯科医院に行っても現在は行っておりません !!

 これは、「PCR検査を行える、医師、臨床検査技士が不足しているため、口腔周辺に知見のある歯科医師にもPCR検査をさせてはどうか」ということであり「歯科医院でPCR検査をできるようにする」ということではありません。

 想定されている運用としては

1.口腔外科・歯科麻酔科という鼻腔も治療上触れる必要があり、ある程度の鼻腔への解剖学的知識と治療経験を持った病院歯科口腔外科や歯科麻酔科勤務や過去専攻をした歯科医師を主な対象に 医師法・歯科医師法違反とならないように法整備と歯科医師へのレクチャーを行い、PCR検査をできる期間限定許可を与える。

2.実際のPCR検査は、新型コロナウイルス対応可能病院などの、PCR検査可能な拠点に”歯科医師が赴いて”行う。

 

というものであり、現在のところ、歯科医院や歯科でPCR検査を行うものではありません。

(新型コロナウイルスは唾液腺にも集まることから、今後、検査キットの改良などにより決してないとは言いませんが、現在はしておりません)

 

ですので、当院はもちろんのこと、日本全国の歯科医院や歯科を持つ病院、歯科医療関係機関(歯科医師会や保健所、厚生労働省など)にお問い合わせや、PCR検査や問い合わせを目的とした来院は”決してされないよう”お願いいたします。

 

院長自身は長らく口腔外科で勤務していた経験から、PCR検査員への打診がある可能性はありますが、現在のところそのような打診はありません。

新型コロナウィルス感染拡大による、来院時についてのお願いです。(12月8日更新)

当院における新型コロナウイルスについての取り組みについて

COVID-19 新型コロナウイルス感染症拡大のため、政府や歯科医師会の診療ガイドラインに従って診療を行っております。 つきましては、患者様や出入りの業者の皆様に以下の通りお願いいたします。

 

以下の症状がある方、状況にある方、その他体調が悪い方は、診療をご遠慮させていただいております。また、院内への立ち入りもご遠慮ください。

・37.5度以上の発熱のある方
・咳やくしゃみが止まらない方
・強いだるさ(倦怠感)がある方

・現在、同居する人が自宅隔離を要請されている方

・現在、同居する人に発熱・咳などの症状がある方

・過去14日以内に、新型コロナウイルス陽性となった方、自宅待機を要請されておられる方との濃厚接触があった方。

・過去 14 日以内に、海外渡航の履歴がある方

・過去 14 日以内に、海外から帰 国した人との濃厚接触歴がある方

・過去 14 日以内に、感染者数が急増し ている都道府県に出かけたことがある方

・過去 14 日以内に、屋内で 50 人 以上が集まる集会・イベントに参加したことがある方

・味覚異常、嗅覚異常を感じておられる方。

  上記に当てはまるかどうか、診療を遠慮したほうがよいかどうか解らない方は、院内に入らず、院外よりお電話にてお問い合わせくださいますようお願いします。

 来院時に受付にて検温を行いますが、37.0度以上であった場合、当日の診察は中止し、延期させていただきます。

◎再診患者様、定期メンテナンスの患者様につきましては、口腔内衛生状態が悪いと感染症にかかりやすく、歯科治療を受けたほうがインフルエンザウイルスの罹患率が下がるというデータもあります。コロナウイルスについても同様の効果はあると思われます。

 「診察をご遠慮いただきたい場合」に当てはまらない場合の受診については、患者様ご自身の受診の希望をお聞きし、治療内容などを検討の上で治療の可否の判断します。。 わからない場合はお問い合わせくださって結構ですが業務の増大により電話対応もすぐにはできず、特に継続的に診察しておられない場合は電話での判断は困難です。 予約変更やキャンセルされる場合はできましたら少しでも早めに御連絡をお願いいたします。  

 「自分はすでに感染しているかもしれない」という意識を持ちつつ、行動の指針としていただけましたら幸いです。

◎来院時は必ずマスクを着用し、診察室内や当院スタッフの指示ある場合のみお外しください。院内に入ります時は手洗いや手指消毒をお願いいたします
また、必要に応じそれ以外の時でも手指消毒をお願いすることがあります。

マスクを着用されておられない患者様を診察する場合については、順番まで院外での待機をお願いすることがあります。 持参されておられない場合、販売も行っております(1人1枚のみ)

マスクを着用されておられない方(お付き添いの方・お子様を含む)は、院内への入室をお断りすることがあります。

◎待合室の椅子の間隔を広くしました。患者様につきましては、グループ毎に間隔を保ってお座りください。 カウンセリングルームを使用しても、最大3組までしかお座りになることができません。 待合室混雑時は院外にての待機をお願いさせていただきます(順番が来ましたら携帯などにご連絡させていただきます)

体温計測をお願いすることがあります。ご協力をお願いいたします。計測を拒否されました場合、当日の診察をお断りさせていただくことがあります。

お口の中の痛みがある場所などを直接指で触って、こちらにお伝えになることはお控えください。また、義歯もこちらでお外しいたします。

◎当院の施設、設備、備品への不必要な接触はお控えください。
(特にお連れのお子様が興味があり触れてしまうことがございます。通常時でもそうですが、高度な清潔状態が必要な設備や備品も多くあり、それらに触ってしまった場合、滅菌消毒処理や廃棄処分をしなければなりません。医薬品や器具など、不用意な接触が危険なものもございます。高度に調整された機器の不調に繋がることもあります)

◎託児サービス以外でのキッズルームのご利用は当面の間中止させていただきます。

託児サービス自体は続けておりますが、可能な限りご利用をお控えください。また託児サービス自体も予告なく縮小・休止する可能性があります。

◎患者様毎の後片付けや準備作業が通常以上の処置が必要であり、換気も必要なため、通常よりも手間や時間がかかっております。 そのため、今後のご予約に関しては患者様毎に少しインターバルを設定してご予約を入れております。 待合室の混雑を避けるためでもあります。

 そのため、現在ご予約がこれまで以上に取りづらくなっております。

 また、遅刻をされますと、次の患者様に不必要な待ち時間が発生するだけでなく、インターバル時間も充分に取れません。 待合室混雑の原因ともなってしまいます。 時間通りのご来院をお願いいたします。 ご予約の取り直しをお願いすることがあります。 (普段でも時間通りのご来院をご協力お願いいたします)

◎付き添いの方につきましては(お連れのお子様を含む)、できるうる限り最小の人数でご来院ください。

◎コロナウィルスの感染対策には換気は有効とされておりますので、換気のため窓を開けております。暑さ寒さを感じる場合はスタッフにお伝えください。

◎今後の感染状況の推移、政府・自治体の方針や要請、マスクやグローブ・アルコール消毒薬など感染予防対策品の備蓄の枯渇などにより、止むなく
・今以上の、診察内容の縮小、診療時間の短縮、間引き営業
・急患や緊急性の高い方のみの診察
・一時休診
となる可能性も否定できません。

そのような事態になりました時は、ご予約のある患者様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、ご予約の変更などご理解とご協力を切にお願いするものです。

◎スタッフ一同、できうる限り診療を続けられるようにと業務を続けておりますが、通常の業務以上にコロナウイルス対策への負担が重く、主でない業務への対応が難しくなっております。ご理解いただけますと幸いです。

上記のお願いや当院の指示に従っていただけない場合、診療をお断りさせていただくことがあります。

現在、術者と診療補助者は全ての患者様に対しこのような出で立ちで診察しております。受付スタッフも通常時のマスク以外にメガネ等の着用をしております。状況により、追加装備やグレードアップがあるかもしれません。
口腔外バキュームにより、歯を削ったり歯石を取ったりするときに発生するミストの吸引や、毎回の器具の滅菌消毒、供給エアーへの除菌フィルターの装着、頻繁な換気など、感染対策には気を遣っておりますが、見えない物を相手にしているため、これだけやれば大丈夫というものはありません。(充分な対策をしているはずの感染症指定病院でも院内感染を起こしているぐらいですので・・・)
当院の新型コロナウイルス感染症についての取り組みについて

以上、よろしくご理解・ご協力のほどお願いいたします。

<新型コロナウィルス関連肺炎についてのお願い>

現在、新型コロナウィルスによる肺炎患者が中国を中心に世界各国からも発生が報告されています。

① 来院時のお願い
次の(1)~(3)に該当する方は、来院前にお問い合わせいただくか、保健所等の相談窓口への連絡をお願い致します。

(1)発熱または咳などの呼吸器症状があり、新型コロナウィルス感染症であると確定した方と接触がある。
(2)37.5℃以上の発熱かつ呼吸器症状があり、発症前14日以内に中国湖北省または浙江省に渡航または居住していた。
(3)37.5℃以上の発熱かつ呼吸器症状があり、発症前14日以内に中国湖北省または浙江省に渡航または居住していた人と接触がある。

②受診の際はマスクのご持参をお願い致します。
③医院に入る際、アルコールによる手指消毒剤のご使用をお願い致します。

以上よろしくお願いいたします。 

 

木津川市城山台1-14-1

西歯科クリニック

院長 西 治

 

また、今回の件とは関係なく、感染症拡大予防の観点より、当院ではスタッフは通年マスクを装着しての患者様対応を行っております。 ご理解のほどよろしくお願いいたします。
開院よりこれまでスタッフのインフルエンザ罹患はなく、ワクチンの接種費補助や手指消毒の励行も含めて、一定の効果を上げているものと考えております。